【なんでんかんでん】はラーメン屋で有名。宮崎弁には他にも表現が!【どしてんこしてん】ほか紹介。

日向夏みかんの写真
日向夏です。白い皮ごと食べられます。

宮崎弁は癒しの方言と言われます!県内外どちらの方も楽しめる用例集にしました。

ラーメン屋で有名な「なんでんかんでん」ですが、宮崎弁でも「なんでんかんでん」は使われます。

「なんでもかんでも」という意味で九州全般で使われる方言です。

ラーメン屋の「なんでんかんでん」社長の川原氏は福岡県の博多のご出身で、関東進出の際に店名を友人に相談したところ「名前なんてなんでんかんでんよかろうもん」と言われこの名前にしたそうです。

本格的な豚骨ラーメンの関東進出の先駆けとなった有名店ですね。

宮崎弁には「なんでんかんでん」以外に似た表現として多くの方言があります。

今回は、宮崎の友人の協力も受けながらいくつかご紹介します。

目次

「どしてんこしてん」の使い方と意味

「どしてんこしてん」は、「どうしても、こうしても」という意味になります。

何かうまくいかない時の表現で、強調したいときに使われます。

使い方:戸棚の修理をしている夫婦の会話から①

戸棚のネジがどしてんこしてん外れんが、、

無理せんでいいよ、古いっちゃかい。

「どしてんこしてん」の解説

夫が家の戸棚を修理しようとして、扉などのネジを外そうとしている場面です。

ドライバーなどで、いくらネジを外そうとしても外れない状況を強調する場合に「どしてんこしてん」をつけて表現しています。

色々手をつくしても状況が改善されないことを現わしていますね。

「やっとかっと」の使い方と意味

「やっとかっと」は「ようやく」、「ギリギリ」という意味です。

すごくギリギリの状況が好転し、何とかうまくいった時に使います。

使い方:戸棚の修理をしている夫婦の会話から②

やっとかっと外れたが!
ネジがバカになっちょる。

良かった~!ありがとう!

「やっとかっと」の解説

戸棚のネジが「どしてんこしてん」外れなかったが、夫が孤軍奮闘し「やっとかっと」ネジが外れ無事に修理ができる状態になった場面です。

ようやくネジを外すことができた場合を例にしてますが、他には息子の受験合格の時などに「やっとかっと受かった」やゴルフでようやく100切りを達成した時の「やっとかっと100切ったが」などに使います。

似た表現に「やっとこさ」があります。

「どこでんここでん」の使い方と意味

「どこでんここでん」は「どこでもそこでも」に近い意味ですが、ニュアンスをうまくご説明できません。。

よく使われるのは「ちらかしっぱなしで、だらしない」ことを現わすときなどに使います。

使い方:親子の会話から①

息子

帽子がなくなった~(涙)

どこでんここでん置いちょっかいよ
まこち!

「どこでんここでん」の解説

母親が、息子にだらしがないことを叱っている場面で「どこでんここでん」を使っていますね。

息子は帽子をどこで無くしたかがわからずに、母親に泣いて訴えている場面になります。

「どこでんここでん」は「どこそこ」と同じ意味ですが、さらに”とっちらかしている”状況を強調して表現するときに使います。

「いつでんかつでん」の使い方と意味

「いつでんかつでん」は「いつでもどこでも」に近い意味ですが、これもニュアンスが少し違います。

先の「どこでんそこでん」が場所(空間)を表現するのに対し、「いつでんかつでん」は時間を表します。

使い方:夫婦の会話から①

近くにコンビニっちゅうもんが
出来たげな、24時間営業って?

いつでんかつでんやっちょる
ちゅうこつじゃろ!

「いつでんかつでん」の解説

まさに24時間営業のコンビニエンスストアの開店時間のことですね。「いつでんかつでん」やっちょる(いつも開店している)という意味で使います。

似た表現に「いっつもかっつも」がありますが、ニュアンスが微妙に違います。

「いつでんかつでん」はコンビニが何もしなくてもかってに開店しているような”受動的”な状況に対して、

「いっつもかっつも」はどちらかというと”能動的”な状況で使います。「いっつもかっつもゲームばっかりしよる」など。

「しゃっちこっち」の使い方と意味

「しゃっちこっち」は「わざわざ」という意味です。

よく使う場面としては、「しゃっちこっち〇〇せんでも」など「無駄なことをしなくてもよい」といった表現になります。

使い方:夫婦の会話から②

向かいのコンビニ行ってみるね?

まっちょって、化粧するかい

しゃっちこっち化粧せんでも・・

「しゃっちこっち」の解説

まさに、「わざわざ」という意味になります。

「しゃっちこっち」を使う場面としては、すごく面倒なことをわざわざする必要もない。といったニュアンスになります。

例えば「しゃっちこっち敬語で話さんでもいいが」、「しゃっちこっち遠いほうのスーパーに行かなくてもいいとに」など「わざわざ」を強調するときに使う場面が多いです。

重要なポイントまとめ

「なんでんかんでん」と同じパターンの、2つの似た言葉を繰り返す方言のまとめです。

  • 「どしてんこしてん」は「どうしても、こうしても」という意味で、どうにもならない時に使います。
  • 「やっとかっと」は「ようやく」、「ギリギリ」という意味で、なんとかクリアしたときに使います。
  • 「どこでんここでん」は「どこでもそこでも」に近い意味で、場所(空間)を表します。
  • 「いつでんかつでん」は「いつでもどこでも」に近い意味で、時間を表します。
  • 「しゃっちこっち」は「わざわざ」という意味です。

このように、2回強調して表現する宮崎弁は他にも多くあります。なぜ多いのか、今後のテーマとして調査を継続していきますね!

宮崎のおすすめ品(日向夏)

日向夏みかんの写真

日向夏(ひゅうがなつ)

宮崎特産の柑橘類、日向夏みかんです。

黄色い表皮をむき、身の部分にある白い厚皮ごと食します。

この白い部分に味はないのですが、その食感と風味が、中の黄色い柑橘の部分と合わされさわやかな味わいを楽しめます。

みかんがあまり好きではない私も、この日向夏は好きです。あまり酸っぱくなく県民はこれに砂糖をつけて食べたりもします。

春の終わりから初夏にかけて味わうことが出来ますので、ぜひおすすめしたい日向夏です。

ありがとうございました。

よかったらシェアしくださいね!
目次
閉じる